ホーム   »  プリリズ
Category | プリリズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリティーリズム オーロラドリーム 感想 ②

Let's dance together!
Go for it! Go for it!
Do you wanna dance with me?


プリリズ、オーロラドリームの感想だよ
今回も6話分、一気に書くぞ!


第7話「絶交!?あいらとりずむの大ゲンカ」

まず私が眉間にしわ寄せたのは
『見様見真似』ならぬ『みおん見真似』
なんだそれは!?
モブがシルエットだけだから
同じ服来てるとクローンみたいだろ!いい加減にしろ!

しっかし、アイドルのケンカってのは見たくないね
よくあるじゃん、方向性の違いで解散とか……

でもケンカできる友人ってのも大切だし
挫折を経験してみるのも大切である
しかし
「挫折を乗り越える」
という経験は
本人の強い心だけでは足りぬ
その周りに理解者、そして支えてくれる人がいなければいかん
あいらは恵まれているなぁ

後、なんか最近は女の子同士で頬赤らめてると
もう不純な考えにしかいかない
あら^~いいですわゾ~


第8話「りずむピンチ!お勉強大作戦」

文武両道ね……
わかる
それな

この子たちは中学2年生なんだよね
あいらが68点は良い点じゃないって言ってて
ちょっと目を見張ったけど
まあ中学ならそんなもんか?
高校入ったら絶望すっぞ

りずむはまあ、勉強できないだろうとは思ってたけど
予想以上だったな
で、なかなかシビアだね
追試で三教科70点以上じゃないと引退とか
えぐい

英語を教えてた人、推せるけど名前がまだ覚えられてない
数学教えてたJUNさんに草生える
理科で山田さん出てきて嬉しかった
ペンギンの豆知識は正直ワロタ

書きたいネタが一杯だな
拒否反応とか軌道ライン暗記法とか……
しっかし……

ギャグセン高いな


第9話「学園祭と秘密の約束」

りずむは絶対オーロラライジング飛べんだろ
血筋だよ血筋(暴論)
絶対幸せになってくれよな~頼むよ~

さて、物語はティアラカップという大会へ進みます
こういう大会とかでステップ踏んでくのいいよね
天下一武闘会みたいな(全然違う)

しっかしオーロラライジングってそんな凄いの?
飛ぶためのコーデまで決まってんでしょ?
もうね、私は納得は出来るけど理解が追いつかん

ラビチとかベアチとかさぁ
最初はサイレントヒルのあの着ぐるみに見えてアレだったけど
ちょっとかわいく見えてきた

あ、この回恋愛回だったのか
りずむは見てて表情コロコロ変わるから面白いな
ヒビキには絶対に彼女を幸せに導いて欲しい

って、そんな感じだ(傷心)


第10話「雨のちラブリーレインボー」

タイトルが意味不ですが
見終わって意味がやっと分かる

それは梅雨の日、雨が降り注ぐ
ショウは何かに悩んでいるようだが……?
みたいな

恋愛の本読んでたりずむがあいらに
色々な豆知識を教えてたんだけど
その中に
「ミラーリング」
というテクニックがさりげなく埋め込まれていた
そこに気づけた君は……
より良い人生を送れるはずだ!
ミラーリングはまた人生論で詳しく書きます

で、また恋愛回じゃねえか
おじさんの心をいじめるのはやめろ
でも若々しくてステキよ
揺らぐココロ

ショウとあいらも幸せになって欲しいんだけど
まあ良きビジネスパートナーって感じだなぁ
って勝手に思ってるんだけどさ
今後の展開はどうなるのか全くわからん

で、紆余曲折会って最終的にあいらが飛んだのが

アハ!これでタイトルの意味が分かったね

いや~……
この9話10話が入ったDVD5巻、辛いな
見るのが


第11話「開幕!ティアラカップ」

ついにティアラカップが始まったぞ!
しかし優勝できるのはただひとり
あいらとりずむ、どちらかひとりしかティアラを取れないね

しかしオーロラライジングを飛ぶには
優勝賞品のティアラが必要不可欠なんだって
魅せてくれる展開だね!

予選はウェディングテーマのファッションショー?
コーディネート力を競うんだね
で、あいらはまた悩むが……

社長かわいいっすね
最初からかわいいとは思ってたけど
やはりかわいい
やっとキャラクター性が出てきた感じだ

りずむは前髪上げて髪を後ろでアップでまとめると
すごくお母さんに似てるのね……
切ないぜ

で、予選は見事突破と……
次はジャンプ審査のようで……

りずむ、ぶっ倒れる

一睡もせず大会に臨むとかやばいな
私でも流石に寝るわ

しっかし、あいらって
なんというか
無茶する子になってきたね?

りずむがぶっ倒れてしまったので
休息取れるまで時間を稼ぐとか
大幅に時間制限をオーバーしてもなお……
うーん、友情だ

あ、結果的にあいらは減点食らったけど
りずむとあいら、同率1位で決勝進出です
審査ガバガバやねん

ジャンプって基本、高さを競うんすかね……?


第12話「勝利の栄冠は誰の手に?」

タイトルの栄冠は、ティアラと読みます

ママから貰ったアンディというぬいぐるみ
りずむはそれをお父さんから貰ってココロ、充電!
あいらの家族も駆けつけて和やかな感じ

その裏では……
あいらとりずむを敵視するライバルが
彼女たちのプリズムストーンを盗んでいた!

女子ってこわ
男で良かった

で、大ピンチなんだけどさ
大慌てのりずむにあいらが一言

「私のストーンは大丈夫だったから……
 これを使って!」


そしてあいらがポケットにいれてたストーンを使って
りずむはショーに出まして、好成績

しかし、あいらは嘘をついていたんだね
泣ける
りずむがあいらをビンタする展開、心弾む

でもあいらは、私服でショーへ臨む
ピンチをチャンスに変え
彼女はスターオーラをまとってジャンプ

うーん
鳥肌が立ったなぁ
アニメなのに……悔しい
モチロンあいらは優勝!

と、そこへ……

み お ん 登場

しゃしゃり出てきていきなり踊り始める
しかしスターオーラをまとって
ジャンプを2つも飛んだんじゃ

恐るべし!
お前らホントに中学生か!



って感じですね
感想が長い!
追記にした方が良いかもなぁ

で、みおんはやっと本格的に出て来るのかな
今までも陰ながら見てるって感じだったけど
楽しみ

で、13話が凄い回なんだなぁ
りずむって母親の記憶、無かったんだね
ちょっとワケアリすぎんよ~

というわけで今日は終わり
また明日お会いしましょ
アディオース!

スポンサーサイト

プリティーリズムから考える人生論~オーロラドリーム編~ 第1講

最初に、人生論は今のところ第3講まで書く予定

第1講「春音あいらから学ぶ行動力」
第2講「天宮りずむから学ぶ心の一貫性」
第3講「天宮りずむから学ぶアンカリング」


今日の第1講で扱うテーマは
「春音あいらから学ぶ行動力」

参考:プリティーリズム オーロラドリーム第1話「スタア誕生!」
教科書ページ:p.23~p.29


最初に断っておくと
“”で囲まれた言葉はほぼ、『一瞬で自分を変える法』からの引用である

では続きを読むからどうぞ

続きを読む

プリティーリズム オーロラドリーム 感想 ①

昨日の記事の通り
6話ずつ感想を書きます
まあ、ちょこっと書くだけのつもりなんですけどね


第1話「スタア誕生!」

このアニメ、2011年のアニメなんですね
もう4年前くらいのアニメか……

3DCGの黎明期、って感じがしますね
まあそんなことはないんでしょうけど
今のプリキュアとかプリパラとか見ちゃうとね
いやぁ、進化したんですねぇ

基本、フィギュアスケートなんですね
それ知らなかったからとても驚いた
私はやはり無知であるなぁ
勉強不足ですね

モブキャラがかまいたちの夜みたいですね
雑とか言っちゃいけないんだろうけど
興味深い描写の仕方ではある

とりあえず、このアニメのノリは掴めた


第2話「りずむ、心のジャンプ!」

いやぁ
親バレとか言ってるけど
あんなに派手にやっててバレないって
おかしいダルルォ?

後、主人公たち中2なんですねぇ
うーん、若いしオシャレだなぁ
私が中2の頃なんて……
全くオシャレじゃなかったぞ
田舎だから仕方ないけどさ……
でも原宿でショッピングですからね?
今の子たちってホント凄いね

プリズムジャンプはココロの飛躍

面白い格言です
そしてこれは的確な表現でもある
この説明は後日

しっかしりずむちゃん
センスが全然ないんですね
面白い


第3話「これがコーチ!?ラビチとベアチ」

ラビチとベアチさぁ
お前ら、見た目がなんか受けなさそうだな!


これが第一印象
最初に黒幕風に出てきたのは伏線だったりする?
後ぬいぐるみが喋ったってのは定番のギャグなんだね

あいらがこの話の中で
「クール、ポップ、ラブリー、エスニック
 フェミニン、セクシー、スター」
ってコーデの名前?か何かを言っててさ

「うわ! 全然どんなコーデか分からん!」

ってなったよ
フェミニンって何……?

レッスンが個性的で面白かったですね
でも的確なレッスンだったって言う……
センスのないリズムにぬりえをさせるというのは
シャッポを脱ぎました
まあ、この話も後日改めて書こう

あ、お気に入りのキャラ決定しました
管理人の山田さんです


第4話「イースターは胸キュン体験!」

私は恋愛の話が苦手な方です
何かトラウマがあるのかも知れませんね

プリズムストーンという店
なんかどこかで見たことあるんだけど
多分ぷっちぐみで見たんでしょうかね?
記憶が曖昧だ

イースターがテーマの話って
かなり珍しいですかね?
あまり他のアニメじゃ見かけないけど
なかなか面白いじゃないか

心のときめきはジャンプのきらめき

意味不だけどカッコイイ


第5話「パパにはナイショでファッションショー」


ついに親バレだよ
タイトルでは「ナイショで」って言ってるのに
普通にバレてて草生える

でもやっぱり、こういうのは揉めるよね
私が父親の立場ならどうだろう

自分の娘が知らないところでアイドルになってる

いや、にわかには信じがたい事柄だわ
まず事実確認からだわ

あいらのお父さんって
もしかして素直すぎるのかな?

お母さんの言った
「親も変わらなくちゃ」
に納得ですね
変化をいとわないことは大切

でもさぁ
あいら、お父さんの服
裁っちゃった
よね
ハサミで切って短くするとか
いいのかよ

まあ丸く収まったならいいかな……


第6話「プリズムの輝きはいつもここに」


あるんだよなぁ

母の日かぁ……
もうすぐですね
私も何か見繕っておかないと

女の子の演技良いっすね
生意気な感じが良いし
鼻にかかった感じがリアリティを感じる

そうだそうだ
りずむのお母さんいない発言
多分、伏線なんだろうなー
って思ってたけど

この回で確定ですね
うーん、やはり血筋なんだろうかな

いや、でも血筋だけでは評価できない
彼女は強い人間だ
強い人間は本当に力強く生きる
そこは間違いなく根底にある

しっかし意外な事実ばっかりで
この回は濃かったな

あいらのお母さんがスタイリストとかね
この親にしてこの子ありなんだろうか
あ、だからコーデのセンスが抜群なのかぁ

あれ?
このアニメ……
やっぱり血筋なんじゃ……?

まあいいか


感想、長くなっちゃったな

とりあえず6話分見ました
楽しかったです
7話からは今週末に見ますね

で、明日は人生論を書きます
そこで教科書の指定を

アンソニー・ロビンズ『一瞬で自分を変える法』(知的生きかた文庫)

当面はこの本を基に人生論を設計します

では今日はこの辺で
また明日~
アディオース!

プリリズについて

スマホから書いてます

えー、記事タイトルですが
プリリズ、すなわちプリティーリズムについて
今後ブログ内でどう扱うか
という意味合いでつけました

思ってたより抵抗がないのと
案外深いメッセージ性を受け取ってしまいまして
今後もDVDを借りて視聴する所存

ということで
・(定期)1記事6話ずつ簡単な感想を書く
・(不定期)プリティーリズムから考える人生論
を今後ブログで書きます

1記事6話ずつ感想を書くのは
DVDを借りる際にまとめて3巻ずつ借りるから
1巻に2話入ってるので
そういうことです

人生論については
ちゃんと教科書も指定して
真剣にプリリズから人生を考えようという
似非講義的な記事にしたい

とりあえず目先の目標だけ
4月21日は感想を書く
4月22日は第1講を書いてみる
で行きたいと思います

教科書の指定は21日の記事参照のこと
ではみなさん、また明日
アディオース!
プロフィール

爽屋英徒

Author:爽屋英徒
カートゥーンアニメとアメコミが好き
My Little PonyとWatchmenが特に好き

Twitter

Pixiv

Twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アクセスカウンター
今日の訪問者数をチェケラ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。